アクセスランキング
FC2ブログ


ショタ・寝取り体験談~自慰通信~は 移動しました。 こちらから 移動ページに移動して下さい




ショタ・寝取り体験談~自慰通信~は 移動しました。 こちらから 移動ページに移動して下さい

エッチな体験談 にゅーえろ Hな体験談まとめアンテナ
気ままな情報板 エッチな体験談まとめ~秘密の性~ 大人にゅーす Hな体験談



ショタ・寝取り体験談~自慰通信~は 移動しました。 こちらから 移動ページに移動して下さい



ショタ・寝取り体験談~自慰通信~は 移動しました。 こちらから 移動ページに移動して下さい

  人気記事ランキング お勧めサイトの最新記事


ショタ・寝取り体験談~自慰通信~は 移動しました。 こちらから 移動ページに移動して下さい






ショタ・寝取り体験談~自慰通信~は 移動しました。 こちらから 移動ページに移動して下さい




ショタ・寝取り体験談~自慰通信~は 移動しました。 こちらから 移動ページに移動して下さい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の前で屈辱が徐々に…

夫の前で屈辱が徐々に…


結婚して3年。とても幸せに暮らしています。
私は31歳、夫は会社の一つ上の先輩で32歳です。

私も夫も非常に真面目な性格で派手に遊ぶことは有りませんでした。
夫はスポーツも苦手で、170㎝でやせ形でひ弱な感じがします。
真面目だけが取り柄でそんな彼に惹かれて結婚しました。

私もお嬢様育ちで、ピアノばかりやって育って来ました。

そんなある日の日曜日の夕方。私はピアノを弾き、夫はそれを聞きながら読書をしていたところ
チャイムが鳴りました。通販の宅配かなと思い、玄関を開けると スーツを着た物凄い屈強で強面だけど格好の良いセールスマンが立っていました。
私はセールスはすぐ断るのですが、あまりにも屈強で少し怖いのですが、余りにも低姿勢で話すので、そのギャップに断わりづらくなって少し話を聞いていました。
生命保険のセールスで、今は入っているプランと比べて欲しいとのことでした。
夫は我関せず、読書を続けています。
玄関で10分くらい話したのですが、その顔の迫力に負けて家の中に通してしまいました。

話も上手でセールスも上手なのですが、商品があまり良くなく断っていました。
しかし話が上手で取り込まれる寸前だったのも間違い有りません。
夫は読書をしていたのですが、私が少し揺れているのを感じ、唐突に帰って下さいと言いました。
私も少し楽しんでいたし、夫のその態度もちょっと悪いと思った瞬間、今まで優しかったその屈強な男が
夫のその唐突な態度にぶち切れてしまいました。

「今まで本読んで話もしてないやつがなんだいきなり!!」と夫に凄みました。
私はひたすら謝ったのですが、男の目は完全に切れていて、夫は完全に怯えて何も言えなくなってました。

そして夫が一言 
「今からあなたの会社に電話しますから!」
その言葉が 男をヒートアップさせました。

男は夫の胸ぐらを掴むとビンタを1発。夫はその1発で失神してしまいました。
私は泣きながら、携帯をとり電話しようとしたのですが、携帯を取られ、割られました。
夫の携帯も 私の携帯もそして家の電話も…。
私は泣きながら、「こんなことして、後から困るのはあなたですよ!」
と言うと、男はそんな言葉を無視して、私にも軽くビンタをしました、
私は怖くて固まり、何も言えなくなりました。

男はリビングに置いてあった粘着テープを手に取り、失神している夫の体をぐるぐる巻きにして
身動きが取れなくなりました。

夫が身動きが取れなくなった瞬間、また夫にビンタすると夫は目を覚ましました。
夫は 一生懸命 もがき動こうとするのですが、びくともしません。
そして夫の口にタオルを巻き喋れなくしました。

私は怖くて 呆然とそれを見ていたのですが、男は私に向ってきて、いきなり私のワンピースをまくり上げ、
瞬く間に下着だけにされました。
ビジネスバッグからビデオカメラを取り出し、撮影を始めました。
男は夫の目の前で、私の下着も一瞬で破りあっという間に全裸にされました。

私は激しく抵抗し、夫も激しく動き回っていますが、屈強な男の前にどうすることも出来ません。

男は全裸の私を夫の前に座らせると私の後ろに座り、夫から見えるようにおっぱいを揉んできました。

私は激しく抵抗するのですが、男にがっちりと抑えられ身動きが取れません。

しかし おっぱいだけは、この状況の中でとても優しく揉んできます。

ごっつい手で優しく揉まれ、激しい抵抗と恐怖の中に その部分だけ優しさを感じてしまいました。

その優しさに少し心地よさを感じながら、激しく抵抗するのですが、5分もたつと抵抗する力も無くなり

心地よさだけが残って来ました。

私はもう抵抗する力も無く、ただ後ろからおっぱいを優しく揉まれ、乳首を優しく刺激され

しかもばたばたと身動きが取れない夫に見られながら…。

それが何分たったかは解りませんが、夫は激しい屈辱を味わっているに違いないのに

私はその優しい手つきに、この男が優しい男との錯覚を覚え始めていました。

いつしか 男はもう私を押さえつけずに 両手で優しく両方の乳房を揉まれていました。

私の体は彼にもたれかかり、彼の屈強な体が頼もしくそして優しく感じられました。

しかしまだ理性はしっかりしており、決して吐息を漏らさないように必死でした。

涙を流す夫の目を見ながら耐えました。

男は優しく乳首を刺激していたのですが、時折 強く刺激して来ました。

乳首が感じやすい私は、その微妙な力の変化に ついに屈辱の吐息を漏らしてしまいました。

男は私の吐息を聞き逃さず、その微妙な変化の瞬間 私の頭を優しく掴み



【自慰通信】で「Yahoo!」「Google」検索出来ます。

「お気に入りに登録」
もよろしくお願いします。


人妻 熟女 セックス フェラ おっぱい 寝取り 寝取られ 不倫 夫の前 凌辱 

横を向かせて口の中に優しくキスをして来ました。

もう感じて 抵抗する力の無い私はあっさりとそれを受け入れてしまいました。

男のキスは優しく私の口の中を舐め回しました。

(この体験談の著作権はエッチな体験談 自慰通信に有ります。転載禁止。)

舌を噛むことは出来たかもしれない、しかし男は私がそれをしないことを確信していたのでしょう。

私と男は二人で夫を見ながら 激しいキスを続けました。

そしてキスをしながら 男は私の陰核に手を伸ばしてきました。激しく濡れた陰核に…。

激しいキスをしながら、夫の顔の前で陰核がぴちゃぴちゃと卑猥な音を鳴らします。

夫の屈辱を思うと、激しく抵抗したいのですが、なぜかそれが出来ません。

男は徐々に裸になり、素っ裸になりました。

反り返るように勃起したそれは夫の二倍近くあるかもしれません。

男は夫の目の前で仰向けに寝そべりました。

私は男に何も言われていないの、自分から男の上に自然に跨りました。

そして男の巨大な肉棒を掴み ゆっくりと自らの蜜壺に導いていきました。夫を見つめながら。

徐々に収まる その巨大な肉棒の圧迫感が、今までに無い気持ち良さがありました。

「うー あー」

その大きさに、うめき声と喘ぎ声が漏れた。

喘ぎ声が漏れた瞬間、私の理性は完全に崩壊し、その巨大な肉棒の上で狂った様に腰を振った。

今まで 夫には見せたことの無いくらい激しく、そして奇声の様な喘ぎ声を出しながら。

「あー、気持ちい、こんなの初めて あー凄い、凄い あー」

私は夫の前で 心の声も大声で言ってしまった。

続きはまた明日

(この体験談の著作権はエッチな体験談 自慰通信に有ります。転載禁止。)

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント




ショタ・寝取り体験談~自慰通信~は 移動しました。 こちらから 移動ページに移動して下さい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。